原則に従えば、すべてがシンプルになります

毎日数え切れないほどの選択をすることは、正解と不正解、どうでもいいこととどうでもいいことの問題です。 相手に合わせるのか、自分を卑下するのか、第三の道を選ぶのかという問いには、標準的な答えはありません。 ここでは、すべてをシンプルにする原則にこだわるための参考資料を紹介します。

原理原則を守るということは、一言で言えば、「相性に関係なく手本を示し、功労者には報いと罰を与える」ということです。

あなたの例にもあるように、原則は他人の使用を支配するものではなく、まず自分自身を縛るものです。 このようにして、私たちは、自分たちの生活の中で、自分たちの生活の質を高めていくことができるのです。 それに対して、自分でやる場合は、他人ができないことはあまり気にしないものです。 なぜなら、そこにはすべてに対応できる自信と自己肯定感があるからです。

親疎外感:人間は好きな人と付き合い、嫌いな人を拒絶する傾向があり、時間の経過とともに固定的な交流の輪が形成され、成長が制限されます。 このような状況の中で、私たちは、このような状況を打開するために、様々な取り組みを行ってきました。 人は非常に複雑で、良い人にも欠点があり、悪い人にも長所があります。いくつかの物事を通して人を決定することは本当に難しく、それはほとんど偏見であり、偏っているので、我々は人に物事の価値を一致させていない、職場や生活の中で、誰もが優れた協力関係を維持することができます

功績があれば報われ、罰せられるということは、実践の原則をしっかりと守り、実践の原則に反する行為をしっかりと否定することだと理解できます。

原則を守るかどうかの選択を迫られたとき、5つのステップで選択することができます

1.忍耐強く、全体像を理解すること。

自分の当初の意図に反して何かが起こったとしても、それは必ずしも相手のせいではなく、自分自身の問題かもしれませんし、相手が悪いことをしたとしても、それは意図していないことかもしれませんので、相手を恨む気持ちに支配されることなく、気持ちを脇に置いて、相手と根気よくコミュニケーションをとり、相手の考えを理解し、なぜそうしたのかを理解し、全体像と問題の真相を理解することが大切です。 誤解を解くことができるかもしれません。

2.事件の長所と短所を合理的に分析する。

相手の考えを知った上で、自分のやっていることは正しいのか、相手の考え通りに進むとどんな良いこと、悪いことが起こるのか、自分の考え通りに進むことのメリット、デメリットは何かを考えてみましょう。 徹底的に検討した結果、自分が見落としていたことがわかり、疑問に対する答えが呼び起こされます。

3.善悪の判断を真剣に行う。

何を実現したいのか、何が大切なのかをもう一度考えてみてください。 意識せずに、お互いの考えや自分の考えを真剣に考えることで、決めたことがいつも正しいとは限らないけれど、確実に力を発揮することができます教練課程

4.対決は確固たる原則である。

よく考えてみると、自分の主義主張は問題ないと思うので、相手側に自分の選択をきちんと伝え、その過程で自分の考えを正直に述べ、その理由を説明し、相手側とのコンセンサスを得ようとするが、残念ながらコンセンサスは得られない、あるいは自分の主義主張に固執して、さようなら

5.非と向き合い、短所を改善する。

反省して、自分の主義主張に問題があると思ったら、主義主張を調整することは、卑怯な妥協ではなく、成長と成熟です。

現実の世界では、物事が必要以上に複雑になることが多く、それに対処する手段は柔軟で機転の利くものになりますが、内なる原則は失われません。 原理原則を貫く道は、人に恨まれることもありますが、すべてがシンプルになります。 人を喜ばせるかどうかを気にするよりも、自分の目標に集中し、長所を伸ばし、質の低い人間関係に悩まされず、幸福度を高めることができるのです。

精選文章:

ミドルマネジメント研修はどのように行えばよいのでしょうか

社交的目的是升級認知

如何提升中層執行力?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント